当院について

枠
私たちは医療・看護の分野において価値のある質の高いサービスを提供し、支える人と受ける人の信頼に応え医療福祉の発展に貢献します。

登美ヶ丘リハビリテーション病院基本方針

基本方針

院長の挨拶

今や日本は世界有数の長寿国です。
しかし、全ての方々が「健康長寿」ではありません。
疾病や外傷から起こってくる障害を持ちつつ生活される方々も多くいらっしゃいます。
リハビリテーション医学・医療は正にこの障害に取り組むものです。
障害を持つ患者さんに応じて、医師と共に看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー・薬剤師・栄養士等の専門職がチームとなり治療に当たります。
また、ご家族や施設職員の介助・介護および福祉サービスを受けながらの生活でも、人間としての尊厳を保った生活を送っていただけるよう努力すべき分野であると思います。

医療法人社団生和会は、このたび4番目の病院として学研奈良登美ヶ丘の地にリハビリテーション病院を開設いたします。回復期リハビリテーションの専門病院として地域で信頼され、必要とされる病院に育っていくよう努めてまいりたいと考えます。

写真 登美ヶ丘
リハビリテーション病院
院長 中野 恭一
枠