Q&A

枠
Q&A 枠
回復期リハビリテーション病棟とは?
回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの病気でサポートが必要な患者さんに対して、集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。 (この病棟では、病名と、病気・怪我を発症してから入院するまでの期間が決められています。)
家族が急病を発症して救急病院に入院して一命を取り留めました。 急性期の治療は終了したものの、とても家に戻れる状態ではありません。どうすればよいのでしょうか。
『一命を取りとめ疾病からは回復したものの、後遺症により心身に障害を残し病気発症前の状態には戻れていない。しかし病院からは自宅への退院を迫られる』。 このような状況は、多くの医療現場で起こっています。 自宅へ戻れない場合は、下記①~③の3つの方法が考えられます。
①リハビリテーション病院に転院する
②介護施設に入所する
③療養型病院に転院する
どの方法を選ぶかは、現在ご入院中の病院で、ご相談されることをおすすめします。
発症後、手術を数回受けたり集中治療室に長くいたりして、 かなりの期間が経ってしまっているのですが、これからでもリハビリ治療は受けられますか?
もちろん、受けることはできます。 急性期治療後を意義あるものにするためには、これからのリハビリ治療にかかっています。また、長期臥床のため、さまざまな心身の機能低下により、リハビリの必要性は増しています。 しかし現実的には、問題点が2つあります。 ひとつは、急性期治療に時間がかかったということは重度の障害が後遺症として残り、リハビリテーションの治療効果も即効性が期待できないこと。そのため医学的にリハビリテーション治療の適応となるかの判断が必要です。 もう一点は、保険診療上の制約の問題です。「回復期リハビリテーション病棟」に入院するためには、発症後の経過日数に一定の制限が課せられます。この日数を越えると「回復期」から外れるために、入院を受け入れてもらえない事態が起こることもあります。 当院では、医学的にリハビリテーション治療の適応であれば、発症後の経過日数にかかわらずリハビリテーション治療を受ける体制を整えています。
現在、他のリハビリ病院でリハビリ治療を受けていますが、改善が遅く病院を変えたいと思っています。こちらの病院に転院できますか?
障害の回復には個体差があり、発症時期、年齢、初発の障害程度が似ていても、回復の程度やスピードがばらつく場合があります。また、ご本人、ご家族の希望通りに障害が改善されるものではなく、病院を変えても治療効果に違いが出る保障はありません。 まず、現在入院中の主治医に、経過と今後の予想についての説明を受けられることが第一歩。それでも納得が得られない場合は、当院にご相談ください。
リハビリテーションの治療にはどのような方法がありますか?
よくPT・OT・STといわれますが、PTはPhysical Therapy、 OTはOccupational Therapy、STはSpeech Therapy の略で、それぞれ、理学療法、作業療法、言語療法と訳されます。PTは寝返りや座位保持、移乗、歩行などの基本動作訓練。OTは更衣やトイレ動作、整容動作、食事動作などの日常生活動作の再獲得を目指すもの。STは発声や言葉の練習と嚥下の練習。この3つにはっきりとした境界があるわけでなく、セラピストは患者さまにあわせた練習を実施します。
入院した後のリハビリ治療は、実際にはどのように行われるのでしょうか?
医師、セラピスト(PT/OT/ST)、看護師がそれぞれの専門性に基づいて診察をし、入院当日に障害の評価を行います。またMSWと呼ばれる社会福祉士も担当者として参加。社会生活に復帰する上での社会的な不利益を取り除くように生活設計なを考えます。 入院カンファレンスと呼ばれる話し合いでは医師、セラピスト(PT/OT/ST)、看護師、社会福祉士がどの程度まで回復が望めるか予測したうえで、医師が薬の処方、食事の処方、検査の処方とともにリハビリ練習の処方を出します。この処方に従ってPT/OT/STの練習が開始されます。 リハビリが開始してからも定期的に総合カンファレンスが開かれリハビリの進行具合と方向性の検討、修正を行います。 また、自宅や施設での生活が可能となる頃、ご自宅や施設の生活環境を見せていただき、その環境にふさわしい練習の最終仕上げを行います。退院前には、在宅での生活環境を整えるカンファレンスを行い、在宅生活のサポートを引き継ぐかかりつけ医、ケアマネジャー、介護事業所、調剤薬局などの外部のスタッフも参加し、スムーズな退院後の生活移行を計ります。
嚥下のリハビリは、鼻から栄養補給の管が入っていてもそれは可能でしょうか?
脳卒中の後遺症や神経筋疾患、または加齢に伴う脳変化では嚥下機能が障害されることが多く、誤嚥性肺炎や窒息に陥るリスクの回避が必要です。そのためリハビリ治療の中でも嚥下の分野は重点を置いて取り組まれます。   嚥下障害の場合、先端が胃に到達するように鼻から管を入れる方法(経鼻胃管)がとられ、胃管が入っていても嚥下の訓練をすることは可能です。しかし細い軟らかいとはいえ体にとっては異物で、鼻や喉の大変に敏感な粘膜面に常時接しているのですからとても不快です。飲み込むとき、食道や胃の食物を送り出す動きで管が奥に引き込まれる感覚がおこり不快感は一層増します。喉の動きの障害にもなります。このような状態での嚥下の訓練は、不快をともなうため長く続けられないこともあります。その場合は、胃瘻(いろう)という栄養手段に切り替えた上で、鼻や喉を異物(管)から開放してリハビリに励む方が良い場合もあります。
胃瘻(いろう)について詳しく教えてください。
手術で開腹して胃内にチューブを留置する方法では体に与える侵襲が大きいことから、最近の胃瘻造設手技はPEG(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy)といわれる内視鏡を用いた方法が採用されています。鼻(または口)から直径5mmほどの胃カメラを挿入し、胃に空気を充満させて腹腔内で腹壁と密着させ、胃の内部を観察しながら腹壁よりチューブタイプやボタンタイプのカテーテルを挿入し、留置する方法です。局所麻酔のみで行えるため、体への影響は胃カメラを行うのにほぼ等しく、15分程で処置は終了。現在では術後の合併症の発生も少なく、嚥下リハビリを行う上で、有効な栄養補給の方法になっています。
毎日どのくらいの時間のリハビリをしていただけるのですか?
回復期の適応基準内であれば1日に180分を上限としてリハビリが可能。リハビリの時間は患者さまの人数やセラピスト数との兼ね合いで、セラピストが関わる時間が決定されます。しかし、リハビリは毎日180分で終わりというわけではありません。これは診療報酬として算定できる上限の時間であくまで目安です。 この他、病棟での看護師や看護補助スタッフによる日常生活動作練習や病室での自主練習など、すべての時間をリハビリに関わっていただくことをおすすめしています。リハビリ治療は患者さまが自らの意思で行動してもらうことが大前提。セラピストとのマンツーマンの治療で1日の仕事が終わったと考えられずに、自主練習、日常生活動作練習を続けましょう。
入院期間はどのくらいと考えておけばよろしいでしょうか?
制度上、疾患によって入院期間は定められていますが、必ずしもその期間までというものでなく、病状、リハビリ目標、経過、転帰後の生活などを勘案して入院期間が決定されます。 大まかな予想は、入院前の入院判定時や、入院時のカンファレンスの後あたりで担当医よりお話させていただいております。
入院に関わる費用(自己負担)を教えてください。
さまざまな要因で異なりますが、一つのモデルケースとして【入院をお考えの方 お申込みと費用ページ】にてシミュレーションを行っております。ご参考としてご検討ください。 該当ページへのリンク
待機状況は?
そのときどき、その患者さまによって待機状況には変動があります。地域連携部までお問い合わせください。
入院している途中で、自宅に一時帰宅することはできますか?
主治医の許可が必要ですが、リハビリの進み具合によって外泊は可能です。
福祉用具の購入は、いつ、どこで行なえばいいですか?
お身体の状態やリハビリの進み具合によりご相談させていただきます。担当の相談員またはリハビリスタッフにご相談ください。
院内に売店やレストランはありますか?
院内1階に売店がございます。
また、大型ショッピングセンターも隣接しておりますので、そちらをご利用ください。
土・日曜、祝日にリハビリはやってもらえますか?
365日、土曜・日曜・祝日、年末年始を含め、毎日リハビリを提供しています。
脳梗塞になった親に、どのようにしてリハビリをすすめていいかわかりません。
ご家族にとっても、ご経験のないことなので、どうやってお話するかは難しいことかもしれません。そのような場合は、当病院にご相談ください。 また、ご家族だけの見学もできますので、一度リハビリの現場をご覧ください。 意欲をもってリハビリに取り組むことで目覚ましく回復をすることもあるため、 まずは、ご家族があきらめずに、親御さんにすすめてみてはいかがかと思います。
病院の見学は出来ますか。
はい。可能です。ただし、事前に必ず当病院にご連絡ください。 リハビリをなさるご本人だけでなくご家族一緒に見学していただけます。 また、ご家族だけでの見学も可能です。
どんな職種のスタッフがいますか。
医師、看護師、介護士、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、ソーシャルワーカー、放射線技師、臨床検査技師、管理栄養士などです。
リハビリの方針を教えてください。
こちらから詳しい方針などをご覧いただけます
各部のご案内 リハビリテーション部
どの様な方が入院対象ですか。
疾患・疾病・障害・加齢によって損なわれた生活機能の改善を希望される患者さまです。詳しい症状別の対象期間をご覧ください
回復期リハビリテーション病棟への入院対象患者ページへのリンク
ゆっくりリハビリをやりたいのですが可能でしょうか。
基本的には患者さまのペースで行っていただいております。 リハビリテーション総合計画作成に際し、患者さまご本人とご家族の希望を医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカーの各 担当と話し合い、今後のリハビリ及び入院期間を決定して頂くことが出来ます。「なりたい自分」から「できる自分」へのゴールは、患者さまのペースで行っていただきます。
健康保険、介護保険は使えますか?
各種健康保険がご利用になれますが、介護保険はご利用になれません。
付き添いはできますか。
完全看護ですので、付き添いの方はご遠慮いただいております。 但し、病状によっては当院より付き添いをお願いすることがございます。
病室内で携帯電話の利用は可能でしょうか。
恐れ入りますが、医療機器誤作動の原因にもなりますので、院内で指定された以下の場所以外での携帯電話のご利用はお断りしております。 (使用可能場所:1階と各階のデイルーム)
脳卒中に対する急性期リハビリ、回復期リハビリ、 慢性期リハビリについて、簡単に教えてください。
急性期リハビリは発病後早期からベッドサイドで開始され、廃用症候群の予防と身辺動作の早期向上を目指して実施されます。急性期の状態を脱した状態の患者さまは回復期リハビリテーションを実施する段階になり、最大限の機能回復を目指して多面的なリハビリテが積極的に実施されます。 そこで獲得した最大限の機能を維持するため行われるのが維持期リハビリテーションです。
理学療法について教えてください。
理学療法とは、病気・ケガ・寝たきりなどによって身体が不自由となった人々に対し、身体と心の両面から機能回復・維持を行う医療のひとつです。 具体的には運動療法や物理療法を用いて、関節や筋肉などそれぞれの機能の改善をはかり、寝返る、起きる、座る、立つといった基本的な動作から、車椅子へ乗り移る、歩く、階段昇降といった一連の移乗や移動動作の訓練・指導などを行います。 こうした理学療法は専門の理学療法士によって病院を中心に地域や介護する家族への指導、近年では予防医学に対しての助言など幅広い範囲で行われています。
作業療法について教えてください。
作業療法とは、身体または精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対してその主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療、訓練、指導および援助のことと定義されています。 作業療法の特徴は人が生活するうえで必要な活動(食事・更衣・整容・トイレ動作・入浴や家事・買い物・車の運転・交通機関の利用・芸術活動・余暇活動など)そのものを作業としてとらえていることです。 こうした作業療法は専門の作業療法士によって行われ、身体機能および精神機能や日常生活動作の改善・維持、社会適応能力の向上などを図ります。
言語療法について教えてください。
言葉によるコミュニケーションには話す・聞く・読む・書く・認知するなどのそれぞれの機能が関係しています。しかし脳卒中や事故、発達上の問題などでこのような機能が損なわれることがあります。言語聴覚療法ではこのような機能(言葉が上手く出てこない、人の会話が理解できない、発声が難しいなど)に問題がある方に対して言語聴覚士が専門的な検査を行い、障害された機能を可能な限り改善し、残された機能を利用してコミュニケーション能力を向上させるための訓練・指導・助言・その他の援助を行います。 また、摂食・嚥下(食べること)障害がある場合にも、口や喉の動きを良くするなどの訓練をすることで機能の改善を図り、その方の機能に適した食事の形態を選択するなど、安全に楽しく食べられるような支援も行います。
入院手続き・申し込み方法を教えてください。
現在入院されている病院のソーシャルワーカーに転院希望があることをお伝えください。 その後、患者さまの状態を病院間で確認させていただき、現在入院されている病院からいただいた情報(紹介状など)をもとに当院で受け入れが可能かどうかの検討をさせていただきます。
入院用のパジャマは用意されていますか?
患者さまには、ご自宅でお使いのものと同じ服を着用して頂き、 在宅復帰後の生活に近い状態で、入院生活を過ごしていただいております。 また、毎朝・夕の着替えは重要なリハビリと考えております。
お見舞いの時間帯を教えてください。
原則として、午後1時から午後8時までとなっておりますが、 緊急の所用などがございましたらそれ以外の時間帯でも対応いたします。 お気軽にご相談ください。
お見舞いに食べ物の差し入れはできますか?
衛生面や健康面のトラブルになることもありますので、許可なく持ち込まないようにお願いします。差し入れの際はスタッフステーションまでお声かけ下さい。
入院中の家族に電話をつないでもらえるのでしょうか?
患者さまへの電話の取り次ぎは、緊急時以外ご遠慮願います。
入院中の方に手紙を送りたいのですが、可能ですか。
お見舞いメールサービスがございますのでそちらをご利用ください。
入院の相談をしたいのですが?
担当のソーシャルワーカーがお伺いいたします。お電話または受付窓口までお越しください。 なお、ご来院の際は、病院やかかりつけ医からの診療情報提供書をお持ち下さい。
入院費はいつ支払えばいいのですか?
入院費のご請求は月末締めの翌月10日前後とさせていただきます。 請求書を患者さまのお部屋までお持ちいたします。
クレジットカードは使えますか?
ご利用可能です。
リハビリの時はどのような服装がいいですか。
肩や腰の動作、肘や膝の関節の曲げ伸ばしに支障のない、動きやすい服装でお越しください。
お世話になった先生や看護師さんへ御礼をしたいと思っています。
当院では金品や物品などの心づけを一切お断りしております。
病院内でタバコを吸う所はありますか。
駐車場も含め敷地内は禁煙です。 たばこの煙は、喫煙者本人だけでなく、副流煙により周囲の方々へも健康被害を与えます。皆様の健康を守るため、ご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。
枠 お問い合わせ 枠
Q&A お見舞いメール CMギャラリー 交通アクセス お気軽にお問い合わせください。
生和会に就職をお考えの方 リクルート情報 当院のお知らせもしています。公式facebook