入院をお考えの方へ

枠
重大な病気やけがを乗り越えられた患者様へ次のステップは早期の在宅・社会復帰です。私たちは患者様の早期回復の支えとなります。

私たち、登美ケ丘リハビリテーション病院では、リハビリ専門医師と多数の専門スタッフを揃え、患者さまの早期在宅・社会復帰に向けてチームとしてお支えします。

患者様、ご家族様へ急性期病院からの転院先についてお悩みですか?

リハビリ専門医の充実

当院には、脳卒中や骨折などの結果生じる障害を医学的に診断・治療し、機能回復と社会復帰を提供することを専門としたリハビリ専門医が在籍しております。リハビリを必要とされる患者さまへより専門性の高い診察と治療ができます。

写真

院長
リハビリテーション専門医
中野 恭一

リハビリ専門医療従事者によるチーム医療

登美ケ丘リハビリテーション病院では医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護士・社会福祉士等の専門スタッフが連携して、治療やケアにあたる「チーム医療」を推進しています。
チーム医療を実践することで、スムーズな連携と各分野の専門性を発揮することを可能とし、医療の質を高め安全を確保することができます。

詳しく見る

患者様

リハビリテーション実績

「生活そのものがリハビリ」を合言葉に、当院のリハビリは365日年中無休で行い、患者さまの早期日常復帰へ必要とされるチーム医療を全力で提供する体制を整えています。

写真

回復期リハビリテーション病棟への入院対象患者さま

疾    患 発症から入院までの期間 病棟に入院できる期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
3 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
5 股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

廃用症候群について

当院では従来通りの廃用症候群にかかる評価を実施した上で

  • 外科手術後の安静による廃用症候群
  • 肺炎、尿路感染等の内科疾患の治療後の安静による廃用症候群

上記の患者さまも脳血管、運動器と同じように受け入れます。

当院での入院加療が困難な例

  • 人工呼吸管理されている患者さま
  • 人工透析が必要な患者さま
  • 抗生物質投与の必要な重症感染症の患者さま
  • 外科的管理が必要な褥瘡等のある患者さま
  • 併発する感染症が特別な治療法を必要とする患者さま(例えば、疥癬など)
  • その他、常時当院診療科目以外の専門医による診断・治療が必要な患者さま

入院対象患者さまに関しては、まずは地域連携部にご相談ください。

入院についてのお悩みやご相談はこちらから 枠